クリーンな環境で働きたい人におすすめ!製薬工場で働くメリットと向いている人

衛生的な環境で製造される医薬品

医薬品は、口に入れたり、皮膚に直接塗って使うものなので、衛生的に取り扱わなくてはなりません。その製造現場である製薬工場では、徹底的な衛生管理が行われているのは言うまでもないでしょう。製薬工場では、外部からの異物や不純物の混入を防ぐため、クリーンルームで作業が行われます。クリーンルームとは、外部からのゴミの侵入を防ぐ装置の整った部屋のことです。

目に見えるゴミはもちろん、細菌や微粒子を持ち込まず、更に室内で不純物が発生しない仕組みも施されています。そのため室内の空気清浄度が一定に保たれている訳です。また薬の成分が、温度や湿度によって影響を受けないよう、クリーンルーム内では空調管理が徹底されています。つまり、そこで働く人間にとっても快適な環境となっているのです。

綺麗好きな人に向く職場、女性にも働きやすい

製薬工場では、容器の洗浄、薬の充填、包装などの仕事があります。と言っても、機械による作業が中心で、スタッフはその操作やチェック作業を受け持ちます。重たい荷物を運搬したり、激しく体を動かすこともなく、女性でも働きやすい職場です。ただ作業内容が単調になりがちなので、根気のある人でないと飽きるかもしれません。

また仕事柄、ピアスやネイルを禁止している所も多く、クリーンルームへの入室の前には、必ず体の埃を落として手を洗い、クリーン服を着用するなど、制約も少なくありません。綺麗好きで、これらの制約を厭わない人なら、製薬工場の仕事に向いているでしょう。残業や夜勤も少ないので、家事との両立で日勤でしか働けない人にも適した職場です。