木材の運搬やドアの製造など!住宅メーカーの工場での仕事

住宅メーカーの工場における仕事の特徴とは?

住宅メーカーの工場は大型の材料を製造します。木から木材を切り出し加工するなど、原材料から始まるダイナミックな製造体験ができる職場です。これは電子機器の工場などでは体験のできないことです。例えば、フローリング材用の合板を作成するために、大きな木をスライスしていく作業やそれを圧着させる作業などがあります。大型の材料を製造する場合は、各パートに作業が分かれています。先ほどのフローリング材を例にするなら、スライスの作業と圧着は、違うパートの作業です。 一方で、ドアなどの建具の製造はパートに分けて作られることがあまりありません。1つ1つを担当者が丁寧に仕上げていくことが多いです。建具などの製造現場は工場というよりも工房に近いといえるでしょう。ライン作業に慣れている人は驚くかもしれません。

住宅メーカーの工場の仕事では運搬機械をよく使う

住宅メーカーの工場で作成されるものは、比較的サイズが大きなものが多いという特徴があります。それらを人の手で運ぶのはあまりに非経済的な行動だといえるでしょう。そこで住宅メーカーの工場では、重たい製造品や荷物あるいは材料といったものを運ぶときは、運搬機械でその作業を行います。機械を使うため、住宅メーカーの工場勤務は意外に体への負担が少ないと言われています。工場の規模自体も、大型機械を使って作業ができるように、巨大に作られていることがほとんどです。

そのため、住宅メーカーの工場では、作業員にフォークリフトなどの取り扱い技術が求められることがあるので、応募する際には注意しましょう。よく使われる機器は、フォークリフト以外ではパワーリフターです。

派遣の仕事探しをする場合、派遣求人が豊富に揃っている専門のサイトを活用する方法が、最適な選択肢です。希望のエリアや職種だけでなく、年齢や収入といった、詳細に条件を指定した上で仕事選びができます。