医薬品に関する知識がなくても働ける!製薬工場での仕事

基本的には流れ作業なので特別な知識や技能は不要

医薬品を製造する製薬工場での仕事は専門的な知識や技能が必要というイメージがあります。研究職の部門を設けている工場もありますが、大抵は本社が作成したデータに基づいて医薬品の製造を行うので現場で働く人には何ら特別なことは求められません。予め作成されたマニュアルに沿って機械を操作し、医薬品を製造することから一般的な製造業とほぼ変わらないと言えます。また、製造された医薬品の点検や梱包、倉庫での仕分けなども仕事内容に含まれるので自分に合った作業を選択することが可能です。製造現場は徹底した衛生管理が求められますが、倉庫など医薬品に直接触れることがない現場では必ずしも衛生管理が厳しいとは限らないので防塵服など特別な衣服を着る必要はありません。

繁忙期がないので安定した収入を期待できる

医薬品は常に一定の需要がある製品です。季節や流行の影響を受けないので仕事量が極端に変化することはほぼありません。繁忙期が存在しないので期間工としての求人は多くないものの、安定した収入を求めるなら医薬品の製造の仕事は非常に魅力的と言えるでしょう。人の命に直結する製品なので仕事に対する責任は重いですが、その分だけ時給単価は高めに設定される傾向にあります。重量物を扱うことはあまりないので力仕事が苦手な人でも長く続けられる仕事です。一方で働く人の出入りはあまり多くないことから求人広告を見つけるのがやや難しい点に注意しなければいけません。人気が高い仕事なので求人広告が出るとすぐに採用枠が埋まってしまうこともあります。

資格や経験が無い場合でも、工場の転職が可能な事もあります。就業後の取り組み次第で、スキルアップできるケースもあります。